岡田組:広島県全域の木造家屋の解体を行います。

お問い合わせ、お見積はお気軽に お問い合わせ:082-233-2589お問い合わせ:メール

お知らせ

ご存じですか? 「アスベスト(石綿)」 「大気汚染防止法」の事。

2021.10.20

岡田組のホームページには詳しく記載されていませんが、

たまに、ニュース等でアスベスト(石綿)の事を耳にします。

一般の方は、余り聞きなれないアスベスト(石綿)という言葉ですが、建設関係者の方や建設関係者でない方などにアスベスト(石綿)の話をすると ほとんどの方は

詳しくは解からないが、危険・癌になる・体に悪い等の認識はあるようです。

 

ですが、詳しく知らないために危険等の認識がどんどん一人歩きして、アスベストは危険だ!危ない!癌になる!と恐れられています。勿論、害になるものですから法的に厳しく取り扱われていてアスベスト建材の使用は禁止になっています。

適切な除去を行えば、危険でもないし、飛散させなければ癌にもならない、体に影響を与えない(場合による)のです。

近年、解体工事依頼の御客様に必ず報告していることは、アスベストの事前調査を必ず行っていただくことです。

※但し、アスベスト調査費用が別途かかります。

以前から、アスベストの事前調査は法律で定められていましたが、令和3年4月からアスベスト飛散防止対策が強化されたため岡田組もより一層アスベストに対して法律順守で除去工事を行っております。

 

 過去に岡田組が解体工事を行った一般住宅にアスベスト(石綿)が含まれている可能性は3分の1の割合で含まれていました。3件に1件の割合です。多くは、外壁の吹付材の下地、軒下の建材、外壁パネル、屋根材のカラーベスト、ルーフィング、キッチン廻りの防火建材、床のフロアーシートなどに含まれていることが多かったです。

 

アスベストが含まれていそうな建物の調査を怠り、解体工事をしてアスベストが含まれていた場合には、解体業者(下請業者)は勿論、そして発注者(解体工事を依頼したお客様)も罰則の対象となります。

 

上の資料は、各区役所などに行けばもらえるものです。インターネットでも公開されています。(大気汚染防止法などで検索してみてください。)

岡田組も「一般建築物石綿含有建材調査者」が2名ほど在籍しております。(これからもう少し増やします)

現地調査の時、アスベストが含まれていそうな建物が在りましたら、その場でご説明をします。

 

適切に除去すれば、解体現場の近隣様にも、除去作業員にも何の影響もなくアスベストは除去できます。

ホームページを見て、解体予定の建物にアスベスト(石綿)が含まれていないか調査がしたい、とお思いの方は是非、岡田組にご相談ください。

 

アスベストの調査方法は、現地で対象でありそうな建材を採取して検査機関で分析をかける方法と、事前に建物を建てたメーカーがネットで公表している物を参考にする場合がございます。

 

 

注意:この文章は、私の解釈により簡略化して作成しております。表現の間違いで誤解を招く可能性がございますので、環境省のホームページなどを利用し充分に調べていただければと思います。