岡田組:広島県全域の木造家屋の解体を行います。

お問い合わせ、お見積はお気軽に お問い合わせ:082-233-2589お問い合わせ:メール
お客様の「あんしん」を請け負います

有限会社岡田組はお陰さまで30周年 見積無料!解体工事の事なら何でもご相談ください。

キャンペーンのご案内

初めての方へ

初めての方へ 私たち、OKADAGUMI(有限会社 岡田組)は広島で木造家屋、RC造、鉄骨造などを専門に解体工事をおこなっている会社です。
近年、解体業者の紹介サイトを良く目にし、専門業者でない業者を紹介しトラブルになるケースを良く耳にします。
そういった、お客様に安心していただけるよう、OKADAGUMIをより理解していただけるよう、ホームページを作成いたしました。
このホームページでは、お客様が家の解体工事に関して不安を感じてらっしゃること、御見積から、工事完了まで。
それ以外の疑問など解りやすく掲載しております。

不安の“不”を解体(なく)し、心をこめて“安心”に変えられるように頑張っていく所存です。
是非、細かくチェックしてください。

お問い合わせから解体工事開始までの流れ

1

お問い合わせ・ご相談

まずはお電話、お問い合わせフォームでご連絡をいただきます。
お見積・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
スタッフが迅速かつ丁寧な対応をいたします。

お問い合わせ・ご相談
フローチャート
2

現地調査・お見積

お見積の場合は、より正確な見積とするために現地へお伺いいたします。
その際にお客さまにもお立ち会いをいただき、内部状況、外構や近隣の状況も含めて確認いたします。

現地調査・お見積
フローチャート
3

お見積・その他資料のご提出

調査に基づいた見積を提示いたします。
見積書とあわせて撤去する部分や残す部分などを明記した計画図をご提示します。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

現地調査・お見積
フローチャート
4

ご契約

お見積書やご提示をした資料を検討いただき、工事決定のご意思をいただければ契約書を交わし、1通をお客さま控えとしてお渡しいたします。

ご契約
フローチャート
5

書類提出

取り壊す建物の延床面積が80㎡以上の場合は建設リサイクル法という法律が適用されるため、着工前に自治体へ以下の書類を提出しなければなりません。これらの書類作成を弊社ではお客さまに代わって提出します。

書類提出
フローチャート
6

近隣挨拶

解体工事には最善の注意を払いますが、多少の音などは必ずでます。
近隣の方々へ事前のご挨拶、および配慮はしっかり行い、円滑に工事が進められるようにいたします。

近隣挨拶
フローチャート
7

引込配管、配線撤去の手配

解体工事を行う準備として、水道などの引込配管および電話などの配線を処理します。
お客さまとご相談のうえ、各社への手配をいたします。

引込配管、配線撤去の手配
フローチャート
解体工事開始

解体工事開始の流れ

1

養生足場の組み立て

解体物件の近隣様へ解体材が飛散したり、ホコリが直接降り注いだりを防ぐための安全性を兼ねたシートでのフェンスとお考えください。重機のエンジン音などの騒音対策にも、効果が有ります。近隣の安全対策には必要不可欠な事です。

養生足場の組み立て
フローチャート
2

内装材の解体・搬出・処分

建物を解体する場合、廃材はリサイクル法で定められている様に、再生できるものは分別して処分しなければなりません。その為に、手作業でボード等の再生建材を先に撤去します。

内装材の解体・搬出・処分
フローチャート
3

重機の搬入

解体物件の規模にもよりますが、大型重機を使用する場合はトレーラー等で重機を運搬します。立地条件により搬入時間が早朝、深夜になる可能性もございます。

重機の搬入
フローチャート
4

瓦の撤去

瓦を残したまま建物を解体すると、瓦の重みで大変危険です。瓦が落ちて作業員にあたり危険なうえ、ホコリがすごいので一般的には先に瓦を撤去します。

瓦の撤去
フローチャート
5

重機による躯体解体・積込み・処分

機械で建物(上屋)を解体しきれいにした後、基礎を起こして撤去します。コンクリートも再生建材ですので、基礎を取る前に一端きれいにし、がれき等が混ざらない様にしないといけません。

重機による躯体解体・積込み・処分
フローチャート
6

整地(地鎮祭用の真砂土の敷き均し※別途御見積)

機械で敷地の土を均し、人力できれいに仕上げます。
事前に地鎮祭用の真砂の見積をしている場合は、真砂土を決めた位置に敷きならします。

整地(地鎮祭用の真砂土の敷き均し※別途御見積)
フローチャート
7

お引き渡し

整地作業が終わりましたら、前面道路等の清掃をして解体工事が完了となります。
完了報告をお客様にして確認をして頂き、お引き渡しとなります。

お引き渡し
フローチャート
8

完了状況

完了状況
フローチャート
解体工事完了

※一般的な木造解体作業の手順はこういった流れになります。
敷地の形状や建物の形状によっては、手順が変わる場合がございますので、あらかじめ打合せ時に進行手順をご説明いたします。

お知らせ