岡田組:広島県全域の木造家屋の解体を行います。

お問い合わせ、お見積はお気軽に お問い合わせ:082-233-2589お問い合わせ:メール

安心日記

良~く、ご確認を。 ホームページ検索のお知らせ。

2019.10.14

 先日、自社の「あんしん解体 岡田組」でホームページを検索してみると、以下のような検索リストが出てきました。

【岡田 解体工事/格安料金  迅速解決で安心@見積もり無料】という項目がありました。

こちらの、ホームページ会社及び内容は、「あんしん解体 岡田組」有限会社 岡田組 とは一切 何の関係もございません

お見積りは、無料で行っていますが、工事単価などは、違いますので「あんしん解体岡田組」に御用の方はお間違えの無いようによろしくお願いいたします。

 

 

 

※この文面は、誹謗中傷や営業妨害とは違います。検索の間違い、誤解を生まない為の注意喚起ですので ご理解願います。

 

スケルトン解体の工事事例!

2019.05.24

街中で夜間に店舗の内装解体工事を行いました。

地下にある理容院を内装解体しました。

元請け様と、ビルの管理担当の方と事前に打ち合わせをさせていただき、工事に取り掛かりました。

天井、壁、床組、いらない配管、ダクト等内容としては原状回復のスケルトン解体です。

事前に現場を拝見させていただいた時は床の下地は木で組んであると先入観から思い込んでいました。

いざ、床を解体してみると、”な、なんと!モルタルではないですか!”

原状回復ですから勿論、モルタルは撤去しなければなりません。

 

協力業者様の迅速な対応のお蔭で、何とか斫り撤去いたしました。

床の開口養生や掃除も徹底的にしていただき、お客様も満足していただけたと確信いたしました。

夜間の作業で、作業員さんも疲労困憊でしたが、完了状況を見て気持ちが少し報われたでしょう。

余談です。

無事故・無災害で完了できたことを誇りに思います。

勿論、工事金額は安い方が良いかもしれません。ただ、そこには安全への品質が多少なりとも損なわれます。

元請け様のご理解、協力業者様のお力添えがあっての健全な現場に巡り合えたことに感謝します。

 

完了状況です。

 

建物滅失登記ってご存知ですか?

2018.09.26

 解体工事を行った後、更地になりますが登記簿上ではまだ建物が存在してることになります。

そうなると、固定資産税などの税金が継続されますので、必ず登記簿上に記載されているのであれば、建物滅失登記を行う義務がございます。(※法務局で確認してくださいね。)

建物滅失登記をしないと以下のような面倒なことが起こります。

・土地の売却ができない。
・解体した建物に固定資産税がかかり続ける。
・建築許可がおりないため、建て替えができない。
・建物の所有者が亡くなった場合、建物滅失登記の手続きが煩雑になる。
・建物滅失登記は申請義務があるため、怠ると10万円以下の過料に処される場合がある。

注意:滅失登記の申請に期日がありますので確認してください。

 

それでは、建物滅失登記の手続きはどのようにすればよいのか?

 

 一般的には、土地家屋調査士に依頼して、だいたい5~6万円程費用が掛かりますが確実に手続きをしてもらえます。あんしんをお金で買うという意味では間違いないです。

時間に余裕がある方は、自分でも手続きはできます。

まずは、法務局に行って、登記簿謄本を発行してもらい、解体工事業者に取り壊し証明書と印鑑証明書(解体工事業者に頼めば作成してもらえます。)を発行してもらいます。

細かいことはネット等で調べて、抜かりがないか確認してから書類を法務局に持っていけば自身で建物滅失登記はできます。

詳しいことは、ネットに載っていますので、勉強がてらご自分でしてみては・・・・

浮いたお金でおいしい物でも家族で食べに行けますよ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 建物取り壊し証明書の見本を載せておきます。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

追記:この文章内容は、費用を抑える方法として掲載させていただいております。文章の内容で不備等がございましたらいけませんので、参考までとさせていただきます。きちんとご自分で調べられてから手続きを行ってください。